胎内高原のコシヒカリ

安心安全宣言

 

安心安全宣言Safety

胎内ファーム(新潟コシヒカリギフト)がお届けする、新潟産コシヒカリ 特別栽培米は、種籾の段階から殺虫剤や農薬を使わないなど、安全性にこだわった栽培をしております。
その内容をお確かめください。

令和2年におきましても、放射性物質は検出されていません。

令和2年産 新潟産コシヒカリ(胎内市)放射性物質の検査は、2020年9月に行われ、一切検出されていません。

 

新潟県庁 令和2年産米の放射性物質の検査結果はこちら

 

 

特別栽培米の認証を受け、さらに減農薬に取り組んでいます!

特別栽培米とは、農林水産省の「特別栽培農産物に係る表示ガイドライン」に基づき、その農産物(お米)が生産された地域の慣行レベルに比べて、節減対象農薬の使用回数が50%以下、化学肥料の窒素成分量が50%以下、で栽培されたお米です。
胎内ファームでは、新潟県知事より特別栽培農産物の認証を受けております。

参考:
農林水産省: 特別栽培農産物に係る表示ガイドライン

新潟県: 新潟県特別栽培農産物認証制度

 

胎内ファームの特別栽培米は、直播栽培(じかまきさいばい)で育てています。
一般的な育て方は、【苗】を育てて、田んぼに移植する田植えを行い育てます。

【直播栽培】とは、
種籾に鉄粉をコーティングして、直接田んぼに播き、田んぼで発芽させる育て方です。
鉄粉をコーティングするのは、その重みで定着しやすいようすることと、鳥に食べられなくするためです。この鉄粉コーティングにより、殺虫剤や農薬を使用せずに、苗を育てることができます。

鉄粉コーティング作業
コーティング具合を確認しながら、作業を進めます。噴霧器で水を加えながら、水分調整も行い、仕上げていきます。

直播栽培による田植え作業
このように、田植え機で植えていきますが、種籾は肉眼では見つけにくいですね。

また、胎内ファームでは、田植え後の早い時期に除草剤を1度だけ使うに留め、新潟県が提示している特別栽培米の基準の、半分以下に抑えた成分回数しか使用していません。

地域区分 農薬使用(成分)回数 ※1
新潟県
新発田地域
慣行栽培基準 新潟県認証基準 胎内ファーム
17 8 3~4
化学肥料使用量(kg) ※2
慣行栽培基準 新潟県認証基準 胎内ファーム
6.0kg 3.0kg 2.7kg以下

※1 農薬は、数成分混合されて商品化されているものが多いので、成分数を回数としてカウント。
※2 化学合成肥料をカウントします。(有機質肥料についてはカウント基準外)

 

一般コシヒカリの栽培でも、減農薬に取り組んでいます!

地域区分 農薬使用(成分)回数
新潟県
新発田地域
慣行栽培基準 胎内ファーム
17 6 ※1
化学肥料使用量(kg)
慣行栽培基準 胎内ファーム
6.0kg 5kg ※2

※1 農薬は、数成分混合されて商品化されているものが多いので、成分数を回数としてカウント。

農薬の使用内訳

※2 化学合成肥料をカウントします。(有機質肥料についてはカウント基準外)

【特別栽培米に匹敵するエコ栽培】

一般のコシヒカリにおいても、本来であれば新潟県の特別栽培米認証基準に合致する用件は満たすことができますが、一点、隣接水田でのラジコン空散防除が行われていることで、ドリフト飛沫の懸念があり、認証を見合わせております。
皆様にお届けする新潟米は、このように作られたお米です。特別栽培米と同様に減農薬等の取り組みは、環境にとてもやさしい取り組みと言えます。安全で、美味しくて、そしてエコな新潟米をぜひお試しください。

 

胎内ファームのお米がおいしい理由とは

 

インフォーメーション

営業カレンダー

の日はお休みをいただいております。
配送およびメールでのご連絡等はできませんのでご了承ください。

電話対応時間:平日9:00~18:00
(農作業不在時は留守電にご用件をお願いします。)

ページトップへ戻る